お客様から知識や教養をいただけるお仕事 - 銀座クラブ求人募集のナイトキャスト

お客様から知識や教養をいただけるお仕事

  • HOME »
  • コラム »
  • お客様から知識や教養をいただけるお仕事

ホステスという職業に就くことは最初は誰でも少なからず躊躇します。
しかし、実際にやってみると比較的多くの女性が「意外と楽しい」と感じます。
なぜかと言えば、それは相手が男性だからです。

男性という生物は、本能的に「女性を喜ばせる」ことを求めているのです。
これは一般社会でもそうですし、水商売の世界でもそうです。
ホステスはお客様=男性を接待するお仕事ですが、お客様の側でもホステスを喜ばせようといろんなトークをしてくれます。
いわゆる場を盛り上げるトークです。
中にはただの自慢話のようなものもありますが、それも基本的には盛り上げるためのトークであることが多いです。

ホステスの指名も同じです。
有料で決して安い金額ではないにもかかわらず、お客様は競うように指名をしてくれます。
指名料がホステスの収入になることやノルマの達成や店内での順位など、ホステスが喜ぶということを知っているからです。
ホステスの誕生日などは大勢のお客様が来店してくれますし、贈り物も下さることも少なくありません。

指名をしてくれないお客様でも、ホステスを喜ばせたいという気持ちは持っています。
ホステスも一人の人間ですから、お仕事とは言えある程度の時間を同じ席で過ごす相手がつまらない人では正直つらいです。
でもお客様の中にはホステスの趣味や興味のある分野の話をいろいろしてくれる人、楽しい話をしてくれる人、芸人さんのように面白い話をしてくれる人など、いろいろいます。
そんな話の中で、いくつもホステス自身の教養や知識になっていくものが意外にも多いものです。

一方で、聞いているのが辛い話もあります。
少し前述しましたが独りよがりの自慢話。
仕事だからと我慢して聞くホステスも多いですが、その男性の行為も、基本的にはホステスに好感を持って欲しいというある意味ではかわいらしい男性の本能です。
また、小学生くらいの男子にありがちな「好きな子をいじめたくなる心理」というものが、大人になっても残っている男性も意外と多いです。
しつこくからまれるとやはり嫌ですよね。
しかし、実はこれらも男性の本質的な側面の一つなので、ホステスの知識として収集されていきます。
慣れっこになってくると、「あ、またこのタイプだ」と心の中でにんまりしてしまうこともあります。

コラム

PAGETOP
Copyright © 2018 ナイトキャスト. All Rights Reserved.