高級クラブとニュークラブの指名制度の違い - 銀座クラブ求人募集のナイトキャスト

高級クラブとニュークラブの指名制度の違い

  • HOME »
  • 高級クラブとニュークラブの指名制度の違い

指名制度の違いから見る銀座のクラブ

先ず、ニュークラブというのは、俗にいうキャバクラのことですが、通常、今のキャバクラというのはセクシースタイルがメインなっていますが、一寸、正統の古典スタイルのキャバクラをニュークラブと称するようになっています。

ニュークラブというのは、その特徴として接待する女性を指名する制度があり、当然指名料等が発生します。
勿論、始めて訪れての指名は出来ませんが、何回か訪ねている内に顔なじみになり、何時しか気に入って指名となるわけです。

其の指名した人を、外でのお付き合い、即ちデートも出来るわけですが、店外でのデートについては「同伴」という形になり、このことはお店の仕事の一貫として捉えているようです。
その時の同伴回数や指名回数(本指名や場内指名というのがある)やキャストドリンクの売り上げ等に関しても、給与の中にプラス料金として上乗せされます。

一方、先ず高級クラブの場合はニュークラブと違って、一見(いちげんさん)さんがフラッとお店に来たり、入ったりすることは出来ないシステムであり、基本的には誰かの紹介がないと入れません。
これは、一寸、高級料亭のお客の招き入れと似ていますネ。

高級クラブで歓談する方法としては、相手先の接待で連れて行ってもらうか、其処のお店にキープしている知合いや友人、上司などのボトルが置いてある場合には、入店が可能です。

相手をするホステスも、概ねは、知り合い同士であり、特に指名するまでもなく、シートに付きます。 勿論、この時は予約の電話かメールが入っているわけで、女性たちは待機して待っているわけです。
又、友人や知人、それに上司などに連れられて行った場合は、そこの主人の知合いの女性が、係の女性が自動的に付くようになります。

又、ニュークラブが一般に指名することを、場内指名や本指名と言いますが、それとは異なる永久指名というのがあります。
高級クラブでは、この永久指名というのが普通に存在します。
特定のお客には、すでに決まっている掛かりの女性がいるわけで、特に指名をしなくとも当然のようにその人に付くようになります。

永久指名というのは、今後一切のお客さまを担当するという意味もあり、一度、永久指名した人は、そのお店でどの子を指名しても指名した子ではなく、永久指名を受けた子の売上となるのが普通です。

PAGETOP
Copyright © 2017 ナイトキャスト. All Rights Reserved.